2018年2月14日 【開催情報】2018年4月22日(日) 安全講習会@神田・秋葉原(中村尚人)の申込みを開始しました。
2018年2月7日 【メディア】テレビ朝日「スーパーJチャンネル」(2/6放送)で紹介いただきました。
2018年2月6日 【開催情報】2018年4月1日(日) 安全講習会@IYC表参道(ケンハラクマ)の申込みを開始しました。
2018年1月30日 【開催情報】2018年3月12日(月) 安全講習会@代々木(中村尚人)の申込みを開始しました。
2018年1月30日 【メディア】NHK岡山『もぎとく!“ヨガブーム”“けが”“体の不調”相談急増』(1/24放送)で紹介いただきました。
2018年1月30日 【ニュース】第1回安全講習会は、100名を超えるヨガインストラクターにご参加いただきました。
2018年1月30日 【メディア】Yogini(vol.62)で紹介いただきました。
2018年2月7日 【メディア】テレビ朝日「スーパーJチャンネル」(2/6放送)で紹介いただきました。

ヨガでケガをした人が7割。

事故にそなえるヨガインストラクター向けの賠償責任保険
「ヨガの保険」の提供を開始します。

2015年8月、50名のヨガインストラクターでスタートした SAFE YOGA STUDY

2回目以降は、毎回100名を超えるインストラクターが集い、安全な指導方法やヨガ指導者の役割、業務範囲(ヨガと医療行為の違い)などを議論してきました。今後はSAFE YOGA STUDYを発展させ、2018年1月より、ヨガの安全講習会ヨガインストラクター向け賠償責任保険「ヨガの保険」の加入を組み合わせた「ヨガ安全指導員」制度を開始します。

5年間で全国に約1万名の指導員を育成し、安全にヨガを実践できる環境づくりを全国に拡げていきます。第1回目の「ヨガ安全指導員」安全講習会は、2018年1月29日(月)に東京で開催し、賠償責任保険の引き受けは三井住友海上が担当します。


「ヨガの保険」開始の背景

2017年11月10日に実施した「ヨガ練習中のケガに関する調査2017」によると、約7割の方がヨガの練習中にケガをした経験があり、そのケガの原因が「ヨガインストラクターの不適切な指導」との回答が約2割でした。

「ヨガ練習中のケガに関する調査2017」サマリー (2017年11月10日実施、有効回答数89名)

・ヨガでケガをしたことがある人の割合 67.4%
・ヨガでケガをしやすい三大部位 1位:手首 2位:首 3位:膝
・ヨガでケガをしやすい三大アーサナ(ポーズ)1位:バックベンド系 2位:前屈系 3位:坐法系
・ケガの原因 「インストラクターの不適切な指導」15.5%
・ヨガの事故にそなえた保険に入っている人の割合「入っている」10.4%、「入っていない」88.3%

ヨガ練習中のケガに関する調査2017

ヨガ練習中にケガをしたことはありますか?

身体のどこをケガしましたか?(複数回答可)

どのようなアーサナでケガをしましたか?

なぜケガが起きたと思いますか?(複数回答可)

ヨガの事故に対応した保険に加入していますか?

「ヨガ安全指導員」制度とは?

「ヨガ安全指導員」制度とは、安全講習会と賠償責任保険「ヨガの保険」の2つで構成されています。

 

安全講習会 受講時間:3時間

ヨガの知識を有する者(概ねヨガアライアンスのRYT200程度)がヨガのレッスンを安全に行うたの知識を学ぶことはもちろん、いざという時のための応急手当などを身につける講習会です。修了者には、IDカード(指導員証)を発行します。知識として「知っている」からと言って、アクシデント時に「とっさにできる」とはかぎらず、定期的な研修と日々の訓練が大切です。

最低年1回はアップデートの安全講習会受講が必須です。
安全な指導方法を確認する日として毎年受講してください。

賠償責任保険「ヨガの保険」
ヨガインストラクターを賠償事故から守り、より安心して指導に専念できるよう、「ヨガ安全指導員」賠償責任保険をスタートします。安全講習会受講後、一般社団法人 日本ホリスティックヘルスケア協会に入会していただくと、自動的に補償がスタートします。

ヨガ安全指導員ハンドブック

安全講習会で配布するハンドブックは毎年アップデートします。(初版「ヨガ安全指導員ハンドブック 2018」)

ヨガインストラクターが知っておくべき医師法、薬機法(旧薬事法)

骨格の個性と注意すべきアーサナ(股関節のインピジメト)

骨格の個性と注意すべきアーサナ(側弯症)

骨格の個性と注意すべきアーサナ(前捻角)

安全なクラス実施のための大切な準備

セイフティガドラン for YOGA

肩関節外旋・内旋可動域のチェック

胸椎の伸展可動域チェック(胸椎の硬さ)/股関節屈曲可動域のチェック(ハムストリング固さ)

代表的な起こりやすいケガ一覧

主治医からヨガの先生へ申し送り (例)

安全講習会プログラムならびにハンドブック監修

中村尚人(理学療法士、ヨガティーチャー)

タクトエイト代表、ヨガ解剖学講師、ベストセラー「YOGAアナトミー」監訳者
経歴) 医療、介護業界を12年間経験。その後、予防医学を実現させるためヨガ・ピラティススタジオを八王子に立ち上げる。病気になる前の方達に健康法を届ける為に、予防理学療法研究会立ち上げ、その後(株)P3を設立、(社)日本ヘルスファウンデーション協会を設立し、公的な立場としても、予防医学の啓蒙を行っている。「ヨガの解剖学」「ヨガの生理学」(BABジャパン)など著書多数。アンダーザライト ヨガスクールではヨガ解剖学を担当。ヨガジャーナル日本版にて「中村尚人のヨガのための解剖学」を連載中。オーガニックライフTOKYO、ヨガフェスタなど大規模ヨガイベントに毎年登壇している。

タクトエイト 
http://www.takt8.com

予防運動研究会 http://www.yobou-pt.com
図解YOGAアナトミー:アーサナ編 - 医師が解説するヨガの機能解剖学 図解YOGAアナトミー:筋骨格編 - 医師が解説するヨガの機能解剖学 ヨガの解剖学 体感して学ぶ【ヨガの生理学】〜体のしくみと働きからわかるヨガの効果とその理由〜 ピラーティスアナトミィ コメディカルのためのピラティスアプローチ

「ヨガ安全指導員」特別パートナー講師

ヨガの流派を超え、「安全」のためにできること

ヨガ安全指導員制度は日本で唯一、ヨガの安全指導に重点をおき、ヨガの流派、スタイルを超えた取り組みです。プロフェッショナルな意識を持つヨガインストラクターにとって、興味深く、重要な知識を提供しています。ヨガの現場で事故が起きている現状を、注意喚起するだけでなく、万が一の事故にそなえた「ヨガの保険」も提供しています。すべてのヨガインストラクターに受講をお薦めします。
インターナショナルヨガセンター主宰 ケンハラクマ

『安全講習会』
受講後『ヨガの保険』に追加費用なし、手続きなしで加入できます。

日程:
2018年1月29日(月) 10:30-13:30 *定員に達しました。
2018年3月12日(月) 18:00-21:00@代々木(中村尚人) *申込受付中
2018年4月1日(日) 13:00-16:00@表参道IYC(ケンハラクマ) *申込受付中
2018年4月22日(日) 10:30-13:30@神田・秋葉原(中村尚人) *申込受付中

2018年6月16日(土) 10:00-13:00

受講対象: ヨガインストラクター
ヨガスタジオ、フィットネスクラブ、ホットヨガスタジオ等に勤務している方
ヨガアライアンス(RYT200)などヨガ指導資格を取得したがまだ教えていない方
特にフリーランスの方、プライベートレッスンを提供している方

受講料: 
25,000円(税込)


*受講料には、下記が含まれます。
・「一般社団法人 日本ホリスティックヘルスケア協会」への入会金(初年度のみ)
・「一般社団法人 日本ホリスティックヘルスケア協会」の年度会費

・「ヨガ安全指導員ハンドブック2018」
・IDカード発行費用

定員: 80-200名(開催場所によって異なります) 残席僅かです。

場所: 
■代々木 全理連ビル(東京都渋谷区代々木1-36-4 TEL.03-3379-4111)
JR山手線・総武線・都営地下鉄大江戸線「代々木駅」北口駅前

■表参道 IYC表参道スタジオ 2F(東京都渋谷区神宮前5-47-3)

■神田・秋葉原 3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6‐11-4)

内容(予定):
・セイフティガイドライン for YOGA
・ヨガ練習中のケガについての統計データ
・ヨガ指導におけるケガの現状「ヨガ練習中のケガに関する調査2017」
・ヨガの目的
・ヨガの歴史と流派
・ヨガについての歴史とルーツとなる経典を理解しているか?
・各経典におけるアーサナの目的と意味
・医療と運動指導の違い 知らぬ間に、医療行為をしていないか?
・医師法、薬事法について過去の判例
・安全なクラス実施のための大切な準備
・伝える側、受ける側の責任と役割
・クラスに参加して、”被害者”にならないために心掛けること
・骨格の個性と注意すべきアーサナ
・注意すべきケガとアーサナ「代表的な起こりやすいケガ一覧」
・安全なヨガ指導のための工夫
・応急手当の基礎知識と技術
・「ヨガの保険」について
・「ヨガ安全指導員」について
・参考資料ならびに参考ウェブサイト    etc.


特記事項:
・お支払いは、クレジットカード決済のみとなります。

・お申し込み後のキャンセル、返金、他日程への振り替えは一切できません。
・すべて座学になりますので、ヨガウェア、マット等の準備は不要です。
・受講終了をもって協会への入会ならびに保険契約の手続きが完了となります。
講習会当日に本人確認書類のコピーを提出してください。(下記いずれか1点)
 運転免許証、旅券(パスポート)、在留カード、外国人登録証明書
 (上記書類がない方は、「健康保険証」+「公共料金の請求書」の2点を持参)
・2年目以降の受講料は19,500円です。保険契約期間内に必ず再受講してください。



以下のボタンよりお申込みください。

安全講習会の申し込み手続きに進む。(別ウィンドウが開きます)

No.1ヨガ解剖学講座

「安全講習会」とあわせて受講したい。RYT500を目指す方におすすめ

有名ヨガインストラクターも多数受講。No.1ヨガ解剖学講座
中村尚人監修「AKIC」シリーズ

[監修者より]
AKICは、ヨガに関する身体の仕組みを理解することを目的としています。 身体の構造から生体内の機能変化まで、解剖学、生理学、生体力学など幅広い視点で運動を科学する学問が『キネシオロジー(運動学)』です。AKICは、機能解剖学を基礎としつつ、他ではなかなか学ぶことの出来ない『キネシオロジー』を積極的に取り入れた国内初のカリキュラムです。ハタヨガには様々なスタイルがありますが、ヒトの身体構造は共通した法則性を持っています。身体に無理の無い、自然な動きを理解していればどのヨガスタイルや流派でも不必要な痛みやケガは予防できます。このコースは、身体の持つ無限の可能性を開く一助になるでしょう。

「ヨガジャーナル日本版」定期購読キャンペーン

定期購読を申し込まれた方には、カインズ「リ楽ゼーション ヨガソックス」をプレゼント!体が温まらないレッスンのはじめや、シャヴァーサナなどでの冷え防止におすすめのヨガソックス。足裏には滑り止めがついているので、ポーズ時も使えます。

<中村尚人先生の「ヨガのための解剖学」好評連載中です>
Vo.56では、一瞬で筋肉のコリがゆるむ「マッスルリセッティング法」が紹介されています。

ヨガプロップスの使い方 Tips
(提供:YOGA WORKS)

お問い合わせ

お問い合わせの窓口は、平日(10:00-18:00)に営業しております。土日、祝日はお休みとなります。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
[送信ボタン] 内容をご確認の上、押してください。

ヨガ安全指導員 限定ページ
安全講習会の参加者限定『Facebookグループ』の運用が2/1よりスタートしています。

特別協力