ヨガ安全指導員制度について

ヨガ安全指導員ロゴ
IDCard

「ヨガ安全指導員®」制度とは?

「ヨガ安全指導員®」制度とは、安全講習会とヨガインストラクター向け保険「ヨガの保険™」の2つで構成されています。

安全講習会 受講時間:3時間

ヨガの知識を有する者(概ねヨガアライアンスのRYT200程度)がヨガのレッスンを安全に行うための知識を学ぶことはもちろん、いざという時のための応急手当などを身につける講習会です。
修了者には、IDカード(指導員証)を発行します。
知識として「知っている」からと言って、アクシデント時に「とっさにできる」とはかぎらず、定期的な研修と日々の訓練が大切です。

最低年1回はアップデートの安全講習会受講が必須です。
安全な指導方法を確認する日として毎年受講してください。

ヨガインストラクター向け賠償責任保険&傷害総合保険「ヨガの保険™」

ヨガインストラクターとして働く方たちの9割以上が業務委託で複数スタジオに勤務しています。また、近年のヨガブームにより、経験の浅いインストラクターが無保険で活動しているのが現状です。ヨガインストラクターを賠償事故から守り、より安心して指導に専念できるよう、「ヨガ安全指導員®」賠償責任保険をスタートしました。
一般社団法人日本ホリスティックヘルスケア協会に入会後、安全講習会を受講して頂くと、翌月1日より自動的に補償がスタートします。

なお、対象となる事故は、法律上の損害賠償責任を負った場合に限ります。
2019年11月から要望の多かったヨガインストラクター自身の仕事中のケガ(傷害)も補償できるようになりました。
保険の引き受けは、三井住友海上火災保険株式会社が担当します。

名称の表示ならびに記載

協会賛助会員への入会手続きと併せて、安全講習会を受講し「ヨガの保険™」に加入して頂くことで、プロフィール等に「ヨガ安全指導員」と記載したり、ロゴの使用が可能となります。

「ヨガ安全指導員®」 入会までの流れ

STEP1
安全講習会申し込み

特記事項をよくお読みの上、ご都合のよい日程の講習会をお申し込みください。

 
STEP2
安全講習会受講

当日のカリキュラムは安全講習会概要より確認いただけます。ご不明な点は事前にお問い合わせください。

 
STEP3
ヨガの保険適用開始

保険の適用は翌月1日からとなります。また契約期間内に必ず再受講して更新してください。


「ヨガ安全指導員®」 更新の流れ



その他

◼️受講期間内に講習会を受けられなかった場合

*保険適用期間が短くなります。



◼️更新を希望しない場合

*退会申請が必要となります。